ギタリストmayaの徒然雑記


by mockoss
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今さらながらバトン

『Kansou mimizu』の管理人であらせられる、さくらこさんよりバトン頂いたので遅ればせながら書いてみました!

/* コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量 */
2G程のようです。少ないかな?

/* 今聞いている曲 */
fripSide『an evening calm』

/* 最後に買ったCD */
vin-PRADさんの『12◆カラット』

/* よく聞く、または特別な思い入れのある5曲 */
・BUCK-TICK 『悪の華』
僕がギターを始めて、最初に練習した曲です。今でも僕のスタイルはこの曲に代表されるようなサウンドだ、と思っているのですが・・・なかなかあのアバンギャルドなサウンドには近づけませんw この曲に限らず、このアルバムに収録されている曲はすべて好きです。

・BOOWY 『ONLY YOU』
初めてこの曲を聴いたのは、確かTVの再放送だったのですが・・・衝撃的でした。
ストレートなロックでありながら切なくなるようなメロディー、ロックンロールというにはあまりにもモダンな氷室氏の声とルックス、ギターの概念を打ち破るかのようなスマートなコーラスクランチで駆け抜ける布袋氏のギター・・・。もうね、この曲について語ったらキリがありません。この後数年間は、布袋氏のサウンドを追い求めてフェルナンデスのテレキャスにEMGのSAを搭載させて、プロコのラットディストーションとコルグのオーバードライブとマクソンのハーモナイザーHD-1000など、既に生産中止の機材を中古で探しまくって手に入れてました。あらかた揃ってから、ようやく「あ、機材の問題じゃないんだなぁ・・・」と気がつきました。若かった・・・w

・PERSONZ 『DREAMERS』
これまた、ギターを始めた初期の頃にであったんですが、本田氏のギターにガツンとやられました。確か何かのギター雑誌にこのTAB譜と本人の解説が載っていて、それで聴き始めたんですが、これまたモダンなギターサウンドに仰天!それからしばらくは本田氏のギターのサウンドを追及し始めましてw 結局、P-PROJECTの本田毅モデルまで購入してしまいまして、その後、現在メインで使用しているポールギルバードモデルと出会うまで使用していました。今井氏、布袋氏の時といい、当時はエフェクティブでシャープなギタリストが好きだったんですね。その影響か、今でもシングルコイルの音は好きです。

・J.D.K. BAND 『TO MAKE THE END OF BATTLE』
JDKというのは、ゲームで有名な日本ファルコムのサウンドチームでして、ゲームミュージックのハードロックバージョンを演奏したりしてます。この曲には、グランドスラムの白田氏がギターで参加しているんですが、スピーディーでパワフルな早弾きがドラマチックな楽曲にマッチしてて最高です。ちなみにこの曲はイースの曲です。同アルバムの『VARESTAIN』も最高でした。

・YNGWIE MALMSTEEN 『Perpetual』
アルバム「FIRE AND ICE」の1曲目です。この曲から早弾きに興味が出始めて、練習するようになりました。とは言いつつ、今でも早弾苦手ですが・・・w 
恐らく、彼のアルバムの中ではかなり下火だと思われるこの一枚ですが、僕はこの一枚が最初の出会いであったため、今でも一番好きです。

/* バトンを渡す5人 */
そ、そうですねぇ・・・知り合い少ないし、既に書いてあるかもしれませんが・・・
Akiさん りょうさん しょーまさん REIさん らいかむさん
この中でこの記事見てあって、さらに「書いてもいーよ」とおっしゃる方々、お願いしますー!もちろんスルーでも構いませんのでー!
[PR]
by mockoss | 2005-08-02 20:40 | 音楽